スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理不尽

白騎士物語のクエストより。

敵国兵士
「おおおっ、依頼を引き受けてくれた方ですね!よくぞ来てくださいました!」
「私、見ての通りウィザードの者なのですが…」


「ご安心ください、あなたに危害を加えるつもりは全くございません!」


「もちろん、依頼を達成していただいた場合は出来る限りのお礼もお渡しするつもりです!」


「…で、早速なのですが、依頼内容をお話しますね」
「実は先日、大切な"カード"をこの平原で落としてしまったのです」
「おそらく大型のモンスターにおいかけられたときに落としてしまったと思うのですが…」
「お願いします、探していただけないでしょうか?とても大切なカードなんです!」



「おや、もう探し出していただけたのですか!?」


「おおお……これです!これこそ私の落としたカードです!」


「ありがとうございます、本当に助かりました」


「これでやっと魔界から魔獣を呼び出すことができます」


「……………………」


「ハッ!」


「貴様ら、このカードの秘密を知ってしまったな!」


「秘密を知った者をいかして帰すわけにはいかん!」


「死んでもらうぞ!!」





                            やつと戦う前に言っておくッ!
                    おれは今やつのスタンドをほんのちょっぴりだが体験した
                  い…いや…体験したというよりはまったく理解を超えていたのだが……
         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『おれは奴の依頼を聞いて落し物を届けたと
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        思ったらいつの間にか命を狙われていた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何をされたのかわからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    催眠術だとか超スピードだとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

ff14 prof
FFXIV PROF
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。